【ギフト】ソープフラワーを選ぶ6つのメリット|生花にはない魅力とは?




プレゼントやお見舞として花を送りたい…
だけど、

  • 贈り相手は花の香りが苦手
    (かもしれない)
  • 相手に花の世話を強制したくない
  • 病院で生花の持ち込みが禁止されている

こういった悩みを抱える方は多いのではないでしょうか

毒花さん
気持ちを表すのに“花”って便利なんだけど…誰かどうにかしなさいよ

そう悩まれている方にぜひおすすめしたいのがソープフラワーです

造花ならではのメリットと共に、造花の中でも“ソープフラワーにしかない魅力”も紹介していきます

さんすくみ
フラワーギフト選びの参考にしてくださいね
こんな方にオススメの記事

☑ ソープフラワーとは何か知りたい

☑ フラワーギフト選びに悩んでいる

☑ 造花をプレゼントにしたいと考えている

ソープフラワーってなに?

ソープフラワー(Soap Flower)とは、
石鹸で作られた造花のことです

フラワーソープやシャボンフラワーとも呼ばれ、より香りの持続性を高めたものをフレグランスフラワーと呼ぶこともあります

誕生日や結婚記念日・バレンタイン・ホワイトデー・クリスマス・母の日など様々なシーンにおけるプレゼントとして人気を集めている大注目のフラワーギフトです

見た目は本物のお花のようでありながら、生花やプリザーブドフラワー、他の造花にはない魅力を持つソープフラワー

その魅力を紹介していきます!

ソープフラワー6つの魅力

プレゼントにソープフラワーを選ぶメリットは大きく6つあります!

ソープフラワーの魅力
  1. 手入れが不要
  2. 長持ちする
  3. 衛生性優れる
  4. 軽い
  5. ソープの良い香り
  6. *石鹸や泡風呂として楽しめる

順番に解説していきましょう

手入れ不要

生花のデメリットである手入れの煩わしさがないのは造花最大のメリットです

ソープフラワーは造花ですので、水の交換や延命剤の使用などの手入れを一切することなく楽しめます

さんすくみ
これなら家事や育児、仕事などで忙しい方やマメではない方にも気兼ねなく贈ることができます

長持ちする

置く場所にもよりますが、ソープフラワーは半年〜数年飾ることができます

ポリエステルなどで作られた造花(パッと思い浮かぶような The 造花!)のように半永久的に飾れるわけではありません

しかし、長くて2周間程度の寿命である生花と比べるとソープフラワーの寿命は十分なものであることが分かります

さんすくみ
思い出と共に長く飾ることができるのは造花ならではのメリットですね

衛生性に優れる

衛生性の観点からみたメリットは2つです

まず1点目は花粉がないこと

そのため花粉症の方にも安心・安全に楽しんでもらうことができます

2点目は水を使わない故にバクテリアの繁殖をさせないこと

病院が生花の持ち込みを禁止している一つの理由がこのバクテリアですね

ソープフラワーなら造花なので大丈夫です

さんすくみ
他にも免疫力の弱い小さいお子さんがいるご家庭や、ご高齢の方への贈り物にもぴったりですね

軽い

生花の場合は花自体に水が含まれています

その上、花束にする際は保湿剤や水を含ませたティッシュを付けるためにどうしても総重量は重くなってしまいます

一方、ソープフラワーは水を含まずとても軽いので贈る側も贈られる側も持ち運びに困りません

さんすくみ
プレゼントを贈った“そのあと”にまで気を遣える優しいプレゼントになります

ソープの良い香り

ソープの香りは万人に受け入れられやすく贈る相手を選びません!

また、どの種類の花を選んでもそのすべてがソープの香りなので、花束にしても異なる香りが混ざることなく純粋にソープの香りを楽しむことができます

さんすくみ
香りは3ヶ月〜半年ほど持続しますよ

*石鹸や泡風呂として楽しめる

注意
すべてのソープフラワーに当てはまるわけではないので * を付けています 

半年間程はルームフレグランスとして香りを楽しみ、その後は見た目の華やかさを活かしてインテリアとして飾る…

そして最後は石鹸や泡風呂として使用することができます

最後の最後まで楽しく活用できますし、消えてなくなるので処分にも困らないというのは大きなポイントです!

さんすくみ
プレゼントする際、簡単にソープフラワーの活用方法をお伝えすると丁寧かもしれませんね
毒花さん
まあまあやるじゃない、ソープフラワー

ソープフラワーを飾るときの注意点

基本的にどこにでも飾れる上長持ちするソープフラワーですが、ここだけは避けるべき!という場所を押さえておきましょう

ここには飾らないで!
  • 直射日光が当たる場所
  • 湿度が高い場所

窓際などに飾るととても素敵ではありますが直射日光だけは避けましょう

レースカーテンで日光を遮るようにし、且つ風通しが良いとなお良いです(高温になるのを防ぐため)

また湿度が高い場所も得意ではありません

どうしても湿度が高くなってしまう季節、土地、家、部屋の場合はソープフラワーのそばに除湿剤を置くと良いですね!

ソープフラワー5つのアレンジスタイル

生花や他の造花と同様ソープフラワーにも様々なアレンジメントスタイルがあります

毒花さん
2〜3パターンのアレンジ程度じゃ許さないわよ?
さんすくみ
ご安心を。
5パターン紹介していきますね^^

ボックス

ボックスタイプのソープフラワーは人気の高いアレンジメントです

持ち運びに便利であり、花器を用意する必要もなくすぐにそのまま飾ってもらうことができます

これなら贈り相手が男性であっても
「家に飾る容器がない…」となる心配もありませんね!

ブーケ

やはりお花のプレゼントといえば花束(ブーケ)でしょ!という方にはこちらがおすすめ

花束の見た目はそのままに、生花の煩わしさを無くしたソープフラワーのプレゼントで相手に喜んでもらいましょう!

一輪

小ぶりな一輪挿しタイプもあります

他のプレゼントにそっと添えるのも素敵ですね!

リース

リースタイプのソープフラワーはお部屋に掛けて飾れるのでスペースを取ることなくルームフレグランスとして楽しめます

もちろん見た目も華やかでインテリアとしても活躍しますよ!

フォトフレーム

フォトフレームタイプのソープフラワーでこちらは仏花ですね

最近では故人に贈るためのソープフラワーもあるんですよ!

毒花さん
これだけパターンがあれば事足りるわね
さんすくみ
用途に合ったものが見つかれば幸いです!

最後に

造花の中でも特徴的な魅力をを持つソープフラワー

総じて“贈る相手を選ばない”といのが最大のメリットでしょうか

ワンランク上のフラワーギフトで相手を幸せにできること間違いなしです^^




ABOUTこの記事をかいた人

1990年9月生まれ。妻1人、息子1人、娘1人。 転勤族で現在は静岡県在住。趣味はランニング、サウナ、ファッション、絵画鑑賞。 あらゆるジャンルの「勝てる手」を発信中。