若者向け人気エンディングノート7選|媒体別に紹介します




・おすすめのエンディングノートって?
・媒体別のメリットとデメリットは?

こんなお悩みや疑問にお答えします。

今や若者にも注目されている終活。

その風潮を受け、エンディングノートも多種多様なものが用意されています。

29歳で終活に取り組んでいる自身の経験をもとに、若者に人気のエンディングノートをご紹介しますので参考にしてください。

エンディングノートに書くべき7つの項目

7色の色鉛筆

エンディングノートに書くべき項目は主に7つです。

書くべき7つの項目

  1. 自分のこと
  2. メッセージ
  3. 連絡先
  4. 登録情報
  5. お金関連
    (資産、負債、保険)
  6. 葬式
  7. お墓

各項目の詳細はエンディングノートの書き方をご参照ください。

これらの項目について情報を記載すれば、どんな形式でも立派なエンディングノートとして機能してくれます。

さんすくみ
項目さえ押さえれば書き方は自由!

若者向け人気エンディングノート7選

ノート

エンディングノートに決まった形式はなく自由に書いてOKです。

とはいえ、真っ白の紙を目の前にしてもなかなか手が進みませんよね。

今は多種多様な形式/媒体のエンディングノートがあり、どれも空欄を埋めるだけで素晴らしいものができあがります。

おすすめのノートを紹介しますので、あなたにぴったりなものを見つけてくださいね。

ノート(手書き)

『もしもの時に役立つノート』コクヨ
  • 定価:1,650円(税抜)
  • 枚数:32枚
  • サイズ:B5
  • 収録項目
    書くべき7項目すべてあり

終活としてだけでなく備忘録としても使用できるエンディングノート。

色合いが優しくイラストもかわいいので、気張らずに書き進めていくことができます。

さんすくみ
私がメインで使用しているのはこのノートです!

1ヶ月ほど前にAmazonで購入しましたが、その時は1,200円程度で購入できました。

『幸せのエンディングノート』家の光協会

書き込みスペースを広いため多くの情報を残したい人におすすめです。

25ページに渡って専門用語の詳しい解説があるため、若い方でも悩まずに項目を埋めていけます。

好きな食べ物や映画などの項目もあり、こちらも楽しく書き進めることができそうですね。

手書きノートのメリット/デメリット

【メリット】
・いざという時利用しやすい
・ネットセキュリティの不安不要
・ノート自体が形見になる
・手書きのあたたかさ

【 デメリット】
・有料
・手書きの手間

アプリ(スマホ)

100年ノート
  • 無料
    (万が一の際は情報閲覧費用として3万円必要)
  • 写真、音声の記録
  • シンプルでわかりやすいデザイン
  • 無料会員登録でデータ引継ぎ可能
  • 収録項目
    書くべき7つの項目すべてあり
100年ノート
100年ノート
開発元:ARDENT WISH INC.
無料
posted withアプリーチ

スマホで手軽に書くことができるアプリ版エンディングノートです。

写真や音声の記録を残せるので、これは手書きノートにはないメリットになります。

なかでも100年ノートは見やすいシンプルなデザインで操作性抜群、アプリの手軽さの魅力を最大限に発揮しています。

さんすくみ
私がサブで使用しているノートです。
ひとつ注意が必要なのは、ノート作成は無料でできるものの、万が一の際に家族が情報閲覧するときには「3万円」の閲覧料金がかかってしまうこと。

そのため、家族に少しでも迷惑をかけたくないと思っている私はメインノートとしては使用していません。

ただしスキマ時間を利用して簡単に入力することができるため、サブノートとしてメモ代わりに使っています。

エターナルメッセージ
  • 無料
  • 写真、音声の記録
  • 会員登録必要
  • 収録項目
    →宗教、連絡先、葬儀費用、エンバーミングについて、納棺時の衣装、棺の中に入れてほしいもの、好きな曲、遺影について
エターナルメッセージ
エターナルメッセージ
開発元:NextDoor.Inc
無料
posted withアプリーチ

一方、こちらのエターナルメッセージは作成から閲覧まで完全無料で利用できます。

閲覧方法も簡単で、閲覧権限者に指定された家族が運営会社にメールをするだけで中身を確認することが可能です。

少し残念なのは、記入できる項目が少ないということですね。

特にお金関連の情報が残せないのは痛いところ。

動画は2本(1本あたり2分間)まで登録できるので、動画で上手く説明できる方にはいいかもしれません。

アプリのメリット/デメリット

【メリット】
・手軽に入力可能
・写真や音声を残せる
・無料(一部除く)

【デメリット】
・アプリ運営終了によりデータが無くなる
(過去に事例あり)
・ネットセキュリティの心配
・家族が閲覧方法に戸惑う可能性
・閲覧に別途費用が掛かる
(100年ノート)

テンプレート(PC)

Microsoft Office Word

実はWordにエンディングノートのテンプレートがあります。

当然無料ですし、書くべき項目もしっかり網羅しているの優秀なノートです。

普段からPC(Word)使用機会が多い方は使いやすいのではないでしょうか。

百人百想
  • 無料
  • 枚数:55枚
  • サイズ:A4
  • 収録項目
    →自分史に特化

こちらはPDF形式またはWord形式でダウンロードできるエンディングノート。

自分史に特化した内容であり、写真やCDデータを貼り付けるスペースも豊富です。

自分史だけはこちらのテンプレートを利用して、アルバムのような使い方をすると素敵ですね。

テンプレートのメリット/デメリット

【メリット】
・無料
・手書きより楽
・アプリより安定
(サービス終了による強制終了の心配なし)

【デメリット】
・データ破損リスク
・オフライン利用でもハッキングリスク
・ペーパーにする際は印刷&とじる作業が必要

自分にぴったりなノートを見つけよう

若いカップル

若者に向く人気エンディングノートをご紹介しました。

手書き、アプリ、テンプレートそれぞれに特徴があるので、自分にあったノートを見つけてください。

さんすくみ
私自身は手書きノートをメイン、アプリをサブとして使っています。

大切な人のために、今から準備をしていきましょう。